dawning sky

空や風景の写真を徒然と。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の京都紅葉 -青蓮院門跡 ライトアップ-

貴船神社から電車を使って「青蓮院門跡のライトアップ」を見に行ってきました。
すぐそばの知恩院は行ったことあるのですが、ここは初めて。
まだまだ京都には知らない場所がたくさんあります。



青蓮院のライトアップは、「紅葉」をメインにする他の寺院とは違い、イルミネーションに近い感じです。
(もちろん紅葉のライトアップもあります)





ただ青蓮院で自分の中で最も圧巻だったのは、このライトアップされた竹林。
紅葉や庭園の青のライトアップほどの派手さは一切ないものの、
光と影の濃淡と竹林の組合せが素晴らしくよかったです。





ここでは夜空もきれいに見えて、空にはカシオペヤ座が…。
あれ、東京では真っ先に見つけるのはオリオン座のはずだけど。
東京と京都、同じ夜空なはずなのに、全く違く見えました。


関連記事

| 京都 | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の京都紅葉 -貴船神社 ライトアップ-

初日は昼間の観光は1か所だけでにして、早々にライトアップを見に移動。

向かう先は貴船神社。
叡山電鉄は11月末まで路線区間で紅葉をライトアップしているとの情報をもとに
最終日ということで行ってみたものの…見頃が11月中旬のため、ほとんど終わっていました。
※叡山電鉄のライトアップを見たい時は、11月中旬。
かつ片側座席が窓に向いた展望列車「きらら」に乗ることをオススメします。

貴船口駅についたら、吐く息が真っ白になるほど寒いっ!
そして貴船神社に向かうまでの道は、灯篭が置かれていて神秘的でした。







ずいぶんと歩いて貴船神社に到着。
境内の中にあった焚き火で冷えた手を温めてました。
あまりの寒さに歩いても身体は全然温まりません、、、むしろ寒くなる一方。











そして来た道をUターンして貴船口駅へ。
駅でも紅葉をライトアップしてました。貴船周辺ではここの紅葉が一番きれいだったかも。



そしてホームにいた時の「乗客(大阪人)」と『駅員(京都人)』のやり取りが面白かった。

ことの発端は鞍馬行(京都駅とは反対)の電車がホームに到着した時のこと。
単線かつホームが1つだけのため、目の前に電車が止まるんです。
「乗客(大阪人)」:この電車乗って鞍馬に行って、折り返しで座って帰ればいいやん(といって電車の中へ)
『駅員(京都人)』:この電車は鞍馬行です。鞍馬行で切符を回収しますので、
          出町柳行の乗客の方は乗らないでください。(と言って乗客を電車から追い出す)
「乗客(大阪人)」:なんで乗っちゃあかんのや。なんで切符を回収されるん?
          大阪じゃ当たり前やで。これだから京都は融通きかんなぁ。
          ※この後もブツブツとずっと文句を言ってました。

まだ関西に行き始めの頃、関西に住む友達に
「京都・大阪・神戸に住む人たちを、ひとくくりに『関西人』って言っちゃあかんよ」と言われたのが
よくわかる一コマでした。それぞれで個性が強い。

関連記事

| 京都 | 13:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の京都紅葉 -毘沙門堂-

少し時間が空いてしまい季節も変わってしまいましたが
また「そうだ 京都、行こう。」のCMを見たのをきっかけに
『秋の京都』に行ってきました。

数年前、3連休に合わせて秋の京都に行ったことはあるのですが…
東福寺で大行列、嵐山の渡月橋は人が多すぎて渡れず、嵐電乗るのに1時間待ち。。。

今回はその経験を考慮して、時期も場所も少しずれたとこに行ってきました。

---------------------------------------------------------------------------------------

初日。新幹線で京都駅に着いて早々、京都駅から離れて「山科駅」へ。
路地裏でもこんなにきれいな紅葉があるところが、さすが京都。



最初の目的地は「毘沙門堂」
実は持っているガイドブックにも載っていない場所なのですが
数年前の「そうだ 京都、行こう。」のポスターで紹介されており、気になっていた場所です。
http://www.youtube.com/watch?v=JleH5FeShHc(そうだ 京都、行こう。の毘沙門堂のCM)









ここでは拝観料を払ってお坊さんのお話を聞けるのですが、
毘沙門堂にある襖絵の話は面白かった。
特に面白かったのが、最後の部屋に描かれた襖絵の話。
「梅が描かれているのですが、その梅で羽を休めているのは山鳥。  
 本来、梅で羽を休めてるのは”鶯”なはず。すなわち、木と鳥の絵が合わない。
 『鳥が合わない』⇒『取り合わない』⇒『この部屋に通されたらお帰りください、という意味』」
 
京都ならではの言い回しですよね。



ここが「そうだ 京都、行こう。」のポスターで使われてた場所。
ポスターでは落ち葉が地面に落ちて一面紅葉が広がっていましたが、
時期が遅く人も多く通ってるため、さすがにそれは見れませんでした。





駐車場でもきれいな紅葉が。さすが京都。


関連記事

| 京都 | 00:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。