dawning sky

空や風景の写真を徒然と。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

晩秋の京都紅葉 -毘沙門堂-

少し時間が空いてしまい季節も変わってしまいましたが
また「そうだ 京都、行こう。」のCMを見たのをきっかけに
『秋の京都』に行ってきました。

数年前、3連休に合わせて秋の京都に行ったことはあるのですが…
東福寺で大行列、嵐山の渡月橋は人が多すぎて渡れず、嵐電乗るのに1時間待ち。。。

今回はその経験を考慮して、時期も場所も少しずれたとこに行ってきました。

---------------------------------------------------------------------------------------

初日。新幹線で京都駅に着いて早々、京都駅から離れて「山科駅」へ。
路地裏でもこんなにきれいな紅葉があるところが、さすが京都。



最初の目的地は「毘沙門堂」
実は持っているガイドブックにも載っていない場所なのですが
数年前の「そうだ 京都、行こう。」のポスターで紹介されており、気になっていた場所です。
http://www.youtube.com/watch?v=JleH5FeShHc(そうだ 京都、行こう。の毘沙門堂のCM)









ここでは拝観料を払ってお坊さんのお話を聞けるのですが、
毘沙門堂にある襖絵の話は面白かった。
特に面白かったのが、最後の部屋に描かれた襖絵の話。
「梅が描かれているのですが、その梅で羽を休めているのは山鳥。  
 本来、梅で羽を休めてるのは”鶯”なはず。すなわち、木と鳥の絵が合わない。
 『鳥が合わない』⇒『取り合わない』⇒『この部屋に通されたらお帰りください、という意味』」
 
京都ならではの言い回しですよね。



ここが「そうだ 京都、行こう。」のポスターで使われてた場所。
ポスターでは落ち葉が地面に落ちて一面紅葉が広がっていましたが、
時期が遅く人も多く通ってるため、さすがにそれは見れませんでした。





駐車場でもきれいな紅葉が。さすが京都。


関連記事

| 京都 | 00:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。